代表挨拶 Greeting from the CEO

「子どもを産み、育て、働くって、なぜこんなに大変なのだろう?毎日余裕がなくて、夢も希望も持てない・・・」

グローバルステージを立ち上げたきっかけは、
4年半の単身赴任生活を送った後、2008年に双子を妊娠。
仕事との両立ができなくなり、やむなく退職したことから。

子育てしながら、もう一度社会で必要とされたいと、
暗中模索していたときに感じた疑問でした。

ふと周囲を見渡すと、同じように悩むママたちが
たくさんいました。

復職したけれども、子育てとの両立が難しくて、
やはり続けられなかった。
転勤族なので、バランスを取りながら
自分らしく働くことは難しい。
産前と比べて仕事のパフォーマンスが落ちて、
現実とのギャップに苦しんでいる。

男女雇用機会均等法が施行されて約20年。
20年前と比較して、育児休業制度の拡充など、子育てしながら働く環境は
整ってきたと言われています。

しかし、第一子出産後に約6割の女性が退職し、運よく再就職したとしても
年収は大きく下がるというデータも。あるいは、仕事を続けたとしても
子育てや家事など、常に追われていて心の余裕を失いがちです。

ママたちを取り巻く課題を目の当たりにし、これまで弊社は、
社会貢献事業として運営する働くママ支援プロジェクト『キラきゃりママ』を通して、
現場からあがる声に真摯に耳を傾けてきました。肌で感じていることは、
データに示されているように、両立しやすくなったものの、
やはりぎりぎりな状態で生活を回しているという女性が多いということです。

現場の意見も踏まえ、このシンプルな疑問への解決策を模索し続けた結果、
「マーケティング&PR事業を通じて、世界中の親子が夢・希望・余裕を
感じられる社会づくりのための活動・支援を推進していく」というミッションに
たどりつきました。

具体的には、知的好奇心旺盛なママとメディアとの共創により、
社会にやさしい商品・サービス・場づくりを推進していきます。

「しらべる」「つくる」「ひろめる」「まなぶ」「つどう」
という5つのカテゴリーに分け、コンサルティングサービスを提供することにより、
ママ・子どもたちに夢・希望・余裕をもたらしたいと願う企業様とともに
新しいライフスタイルの創造に尽力します。

また、最終的には、日本だけにとどまらず、海外のママや子どもたちに
夢・希望・余裕をもたらすソリューションも実現したいと考えています。

そのための一歩として、知的好奇心あふれるママに焦点を当てた
ナレッジの蓄積や場の提供も含め、ビジネスの最前線で活躍するママとの協働により、
新しい価値を提供してまいります。

大きなミッションではありますが、私たちは果敢にチャレンジし、情熱と計画性を持って
世界中の親子を幸せにする未来の価値を生み出すため、心をこめて行動します。

株式会社グローバルステージ
代表取締役 大洲 早生李

Greeting from the CEO,

'Why is it so hard to have babies, raise them and work at the same time?
I have no time at all and cannot have any dreams nor hopes.'

Global Stage was founded after four and half years of job transfer and I got
pregnant with twins and I was forced to quit a company for not having been able to continue to work and to be a mom at the same time.

While raising my children, I have felt that I wanted to be needed in a society.

There are many moms who have the same complaints around me.

Though I went back to work, I eventually needed to quit working because it was not possible to work and raise kids at the same time.

It is very difficult to work the way I like to because I get often transferred
from post to post.

Work performance deteriorated after I went back to work and that frustrates me a lot.

It has been about 20 years since the Equal Employment Opportunity Law. Compared with what we had 20 years ago, it is said the environment for balancing work and raising kid is much better.

However, other data shows that about 60% of women quit working after having their first child, and after going back to work, their annual salary is much lower than they used to earn. Though she may successfully go back to work, she tends to lose balance between work and raising kids.

Through our social contributory business, a working mom support project called 'Kira-Caree Mama,' we have been listening to voices from moms about the many challenges they face. As data shows, althought we may feel things are getting better, many women still struggle with how to balance their lives between work and raising kids.

Having looked for a solution for this simple question, we decided to start a business with mission, 'Through marketing and PR, we will promote activities and support to create a society for moms and kids to where they have time to make their hopes and dreams come true.'

We will support creating products, services, and environments by collaborating with moms with intellectual curiosity and media.


代表挨拶